珍しい「右ヒラメ」 漁協びっくりも、そのまま出荷

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
目が右に偏った「右ヒラメ」(左)と通常のヒラメ=鳥羽磯部漁協提供
目が右に偏った「右ヒラメ」(左)と通常のヒラメ=鳥羽磯部漁協提供

 目が右側に偏った「右ヒラメ」が、三重県鳥羽市の鳥羽磯部漁協・蓄養直販センターで見つかった。目の付き方から俗に「左ヒラメに右カレイ」と言われ、センターの職員らは「右ヒラメを見たのは初めて」と驚いている。

 見つかったのは今年1月10日。センターの記録によると、同市の離島・答志島の答志支所から生きたまま持ち込まれた。…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集