メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原殺傷事件 「社会の役に立たない」極端な考えに異論唱えたラジオ番組

接見室で神戸金史記者(右)と話す植松聖被告の様子を描いたイラスト=東京都立川市の立川拘置所で2018年7月(RKB毎日放送提供)

 相模原市の障害者施設で19人が刺殺された事件から2年7カ月。障害のある子を持つRKB毎日放送(福岡市)記者の神戸金史(かんべ・かねぶみ)さん(52)が、事件を起こした植松聖(さとし)被告(29)と拘置施設で6回面会して、ラジオ番組を作った。被告が社会の役に立たない人は死んで構わないとする極端な考えを示していることを伝え、被告を生み出した社会や時代に異議を申し立てている。

 東京に単身赴任中の神戸さんは2016年7月の事件に衝撃を受ける一方で、事件現場に足が向かなかった。…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです