メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AI化で効率よくキャベツ収穫 立命大教授ら機械公開  彦根

次々とキャベツを刈り取るAI搭載のキャベツ収穫機=滋賀県彦根市日夏町で2019年3月2日、西村浩一撮影

 キャベツを効率よく収穫できる人工知能(AI)を搭載した収穫機のデモンストレーションが2日、滋賀県彦根市日夏町の畑であった。農業の効率化と営農面積の拡大をはかる取り組みとして、関係者の期待が高まっている。

 立命館大の深尾隆則教授(ロボット工学)を中心に国立研究開発法人「農業・食品産業技術総合研究機構」や農機メーカーなどと進める共同研究で、2020年までに露地野菜の収穫から集荷まで自動化するシステムの構築を目指している。

 公開された収穫機は、市販されている機械の先頭に2台のカメラを取り付け、畑に並ぶキャベツの位置や切断…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文542文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 情熱大陸 世界の深海に挑む美しき人魚姫 世界新記録を持つフリーダイバー・木下紗佑里に密着!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです