メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうなる?10連休の就活 「連休に説明会の会社は入社後も休みなし」のウワサも

合同企業説明会に参加する学生たち=千葉市美浜区の幕張メッセで2019年3月1日午前11時3分、藤井達也撮影

 2020年卒業の大学生らが対象となる就職活動が本格的にスタートした。今年は学生優位の「売り手市場」であることに加え、4~5月のゴールデンウイーク(GW)が皇位継承に伴って10連休となるため、企業側はGW前に事実上の内定を出す方針を示すなど採用活動を前倒ししている。学生からは「連休前に内定を得たい」との希望がにじむ。

 就職情報会社のディスコが1~2月に全国の主要企業を対象に実施したインターネット調査によると、回答した1306社のうち、10連休中に採用活動を「まったく実施しない」と回答したのは38.1%。GW前に内定(内々定を含む)を出し始める予定の企業は昨年7月段階の実績(45.2%)を上回る51・4%だった。

この記事は有料記事です。

残り1547文字(全文1856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです