女子は19歳加藤が制す 卓球世界選手権 代表選考会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 卓球の国内有力選手が集まるジャパン・トップ12大会が2日、仙台市のカメイアリーナ仙台で開幕した。初日は世界選手権(4月、ブダペスト)の男女各残り1枠のシングルスを懸けた代表選考会が1次選考会を勝ち抜いた8人によるトーナメント形式で行われ、女子は加藤美優(日本ペイントホールディングス)が選ばれた。加藤は準決勝で早田ひな(日本生命)に4―3で逆転勝ちし、決勝でも森さくら(日本生命)を4―1で降した。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文747文字)

あわせて読みたい

ニュース特集