メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本のページ

今週は…先生のおすすめ

テーマ ひなまつ

 3がつというと、ひなまつりがさきおもいうかびます。しかしながら、3がつ行事ぎょうじほかにもあります。はるちかづいてきて、あたらしい学校生活がっこうせいかつけて、こころがうきうきしてくるのも3がつです。今回こんかいは、ひなまつりにちなんだおはなしと、3がつたのしめる知識ちしきがいっぱいつまったほん紹介しょうかいします。

     ◆こう

    かりんちゃんとじゅうにんのおひなさま(なかがわちひろ・さく偕成社かいせいしゃ/1296えん

     あやめちゃんは、おばあさんにってもらった豪華ごうかな7段飾だんかざりのおひなさま自慢じまんです。ななこちゃんは、おばあさんが手作てづくりしたちいさな木目込きめこ人形にんぎょうのおひなさまずかしいとおもっています。かりんは、ちいさないぬのおひなさましかないことをみんなにえません。そんなかりんのもとに、ひいおばあさんのものだったふるいけれど立派りっぱな15にんのおひなさまとどきました。しかも、そのおひなさまうごいたり、はなしをしたりするのです。

     ところが、あるにん囃子ばやしふえがなくなってしまいました。かりんはおひなさまちからわせてふえさがしていくなかで、おひなさまぬしまもってくれるまもりびなであることをります。ほかの2ふたりもかりんも、それぞれのおひなさまにこめられている家族かぞくおもいをり、あらためておひなさまをいとしくおもうのでした。<埼玉県さいたまけんさいたま市立しりつ東宮下ひがしみやした小学校しょうがっこうスクールアシスタント 長田おさだ典子のりこ

     ◆ちゅう

    がつのえほん 季節きせつる・あそぶ・かんじる(長谷川康男はせがわやすお監修かんしゅう/PHP研究所けんきゅうしょ/1404えん

     3がつをさす「弥生やよい」とは「草木くさきがいよいよしげる」という意味いみのことば。まださむもあるけれど、だんだんとあたたかくなり、おおくの植物しょくぶつ芽吹めぶはじめ、ふゆごもりしていたむしたちも目覚めざめる時期じきです。はる足音あしおとかんじながら、3がつ行事ぎょうじあそびをほん紹介しょうかいします。

     ひなまつりのページでは「おひなさまのいろいろ・さまざまなひなかざり」「ひなまつりのあそび・料理りょうり」など、むかしからつたわるひなまつりのたのしみかたが、かわいいイラストとともに紹介しょうかいされています。ほかにも3がつしゅんもの記念日きねんび、3がつられる植物しょくぶつはる草花くさばなあそびなど、家族かぞくともだち一緒いっしょんで、料理りょうりをしたり、あそんだりしてたのしめるいっさつです。<全国ぜんこく学校図書館がっこうとしょかん協議会きょうぎかい(SLA)学校図書館がっこうとしょかんスーパーバイザー 荻原おぎわら尚子なおこ

     ◆てい

    ひなまつりのお手紙てがみ(まはら三桃みとさく朝比奈あさひなかおる・講談社こうだんしゃ/1080えん

     ゆいのおばあちゃんは、高校こうこう校長先生こうちょうせんせいをしていたといい、しつけにきびしいです。ゆいはおばあちゃんのいえで、「おひなさまをかざる手伝てつだいをしてほしい」とたのまれました。はこからしたちいさな道具どうぐやおひなさまをかざりながら、おばあちゃんは、その名前なまえならべる順番じゅんばんをていねいにおしえてくれます。でも、一番いちばんしたのひなだんかざられた重箱じゅうばこだけは「むやみにあけてはいけません」と注意ちゅういされます。

     中身なかみになるゆいは、こっそりとけてしまいました。なかはいっていた1つう手紙てがみから、ゆいは、ちいさいころのおばあちゃんの秘密ひみつるのでした。おばあちゃんとゆいとの心温こころあたたまるおはなしみながら、「もも節句せっく」のこともまなべるほんです。<埼玉県さいたまけん川越市立高階小学校かわごえしりつたかしなしょうがっこう教諭きょうゆ 福満ふくみつ芳枝よしえ

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
    2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
    3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
    4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
    5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです