メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災8年・首長に聞く

佐藤金正・川俣町長 農地再生へ力を注ぐ 観葉植物、五輪シンボルに /福島

 --山木屋地区の避難指示が解除されてから、間もなく2年がたつ。

 これまでの帰還者は334人。今後、帰還率が高くなるかというと、厳しい。特に20~30代の夫婦が子どもと共に避難先で定住している。

 主産業が農業なので、将来的には農地を再生したい。コメ、ソバに加え、アンスリウムという観葉植物を東京五輪のシンボルにしようと取り組んでいる。農地の5分の1程度は、除染で生じた汚染土などの置き場になっている。はがした表土37万袋のうち、搬出が済んだのは4・6万袋で、全て搬出するのにあと2、3年はかかりそうだ。済んだ所から農地の再生、作付けを再開しており、70%はできるようになった。30~40代の人たちがチームで農地を集積し、活発に行動してもらっていて、ありがたい。

 --山木屋地区から避難した人への仮設住宅の無償提供が今春、打ち切られる。

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1612文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです