メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

十一面観音

県内最古級、いすみの清水寺が頭部所蔵 平安時代作と判明 郷土資料館で初公開 /千葉

 いすみ市岬町鴨根にある天台宗の清水(きよみず)寺が秘仏として所蔵する「十一面観音」像の頭部が10世紀以前の平安時代の作とみられることが天台宗の寺院調査で判明した。平安初期の8世紀までさかのぼる可能性もあり、県内最古級の木彫仏という。同市郷土資料館で開催中の企画展「清水寺の仏像」で初公開された。【金沢衛】

 観音像は頭部と両腕が保管されており、本来は等身大の立像だった。房総地域に多いカヤ材を使って、一木(…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです