メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・旅する・みつける

川崎・日本民家園 工業都市に江戸期の山村 生活再現、外国人にも人気 /東京

 都心から20キロ圏にある川崎市多摩区の生田緑地は、約180万平方メートルの豊かな自然が広がる。東口を入ると、小さな山の南側斜面に古びた家屋25棟が建ち並んでいる。野外博物館の市立日本民家園だ。工業都市として発展してきた川崎に、なぜ古い建物が並ぶのか? 外国人観光客にも人気という、ちょっと不思議な空間を歩いてみた。【市村一夫】

 建物は「東北の村」など5エリアに分けて並ぶ。正門から最初の「宿場」エリアを通って小さな峠を越えると「信越の村」エリアに入った。

この記事は有料記事です。

残り1548文字(全文1776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです