メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中部横断道

2区間、10日に開通 新清水JCT-富沢IC、下部温泉早川IC-六郷IC 静岡と交流人口拡大期待 /山梨

 中部横断自動車道の新清水ジャンクション(JCT)-富沢インターチェンジ(IC)、下部温泉早川IC-六郷ICの2区間計約29キロが10日、開通する。物流の効率化や清水港(静岡市)に寄港する国際クルーズ船からのインバウンド(訪日外国人観光客)の増加が期待されるほか、人口360万人を超える静岡県との交流人口の拡大が見込まれる。【野呂賢治】

 国土交通省や中日本高速道路によると、新清水JCT(静岡市)-富沢IC(南部町)は有料区間で20・7キロ。下部温泉早川IC(身延町)-六郷IC(市川三郷町)は無料区間で8・4キロ。10日午後4時半に開通する。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです