メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東日本大震災

11日で8年 「東北を忘れない」 神戸の児童、書に思い込め 6日から作品展 /兵庫

展示の準備をする野原神川さん(中央)ら。作品は右側が練習前で左側が練習後=神戸市東灘区で、反橋希美撮影

 11日で東日本大震災の発生から8年を迎えるのを前に、神戸の小学生が被災者を応援するために制作した書の作品展が神戸市灘区で開かれる。阪神大震災で両親を亡くした書家の野原神川(しんせん)=本名・久美子=さん(63)が主宰する書道教室の生徒と企画。伸びやかな筆づかいで「共に生きる」「東日本」「春風」などと書かれた作品には「東北を忘れない」という思いが込められている。【反橋希美】

 阪神大震災時、神戸市東灘区のマンションに住んでいた野原さんは無事だったが、近くの実家が全壊。父幸助…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文701文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです