メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

中国で追う監督の夢 大和高田出身・高橋伸彰さん、大阪の華僑描く作品完成 /奈良

映画「仲夏夜之花」のチラシを手にする高橋伸彰さん=奈良県大和高田市で、藤原弘撮影

 大和高田市出身で、中国・北京の国立演劇大学「中央戯劇学院」で学んだ映画監督、高橋伸彰さん(35)=北京在住=が、一昨年夏に大阪などで撮影した映画を完成させ、コンテスト出品や上映を目指している。現在は役者をしながら中国での映画製作に向けて活動しており、「中国で仕事を続け、ミュージカルにも挑戦してみたい」と意欲を語る。

 タイトルは「仲夏夜之花」(邦題「夏の夜の花」)で25分の作品。大阪を舞台に中華系の男女と3歳の子供…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです