メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

わかやまの30年/9 1994(平成6)年3月31日 野上鉄道廃線 /和歌山

営業最終日に「ありがとう80年 さようなら」と書かれたヘッドマークをつけて走る野上電気鉄道の電車=1994年3月31日、田伏俊作さん提供

客足戻らず赤字膨らむ

 1994(平成6)年3月31日午後9時過ぎ、「ありがとう80年 さようなら野上電気鉄道」と書かれたヘッドマークをつけた3両編成の最終列車が、別れを惜しむ大勢の鉄道ファンを乗せ、野上鉄道日方駅(海南市)からゆっくりと出発した。

 「野鉄(のてつ)」の愛称で親しまれた同社で運転士などを43年間務めた森脇保夫さん(84)=海南市重根=も元社員として乗車していた。赤字続きで、「ようここまで辛抱してくれたな」と深い感慨を覚えたという。

 野上鉄道は1916(大正5)年に日方-紀伊野上(現・紀美野町)間(8・6キロ)で開業。その後、生石…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1324文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです