特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

真備 ぶどうの家、8カ月ぶり再開 「利用者と一緒に頑張る」 職員ら決意新たに /岡山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
あいさつする「ぶどうの家」代表の津田由起子さん(右端)=岡山県倉敷市真備町箭田で、林田奈々撮影
あいさつする「ぶどうの家」代表の津田由起子さん(右端)=岡山県倉敷市真備町箭田で、林田奈々撮影

 倉敷市真備町地区で、西日本豪雨のため自宅を失った高齢者らを支え続ける小規模多機能ホーム「ぶどうの家真備」が、元の場所で活動を再開した。水害で被災した同町箭田の事業所の建て直しが終わり、約8カ月ぶりに戻った。2日、近所の人や利用者の家族を招いた内覧会を開き、ともに再開を祝った。【林田奈々】

 ぶどうの家真備は自宅で暮らす高齢者の生活を通所サービスなどで支えていた。昨年7月に被災後、地区内の公民館分館を間借りするなどし、一般の避難所で暮らせない高齢者たちのケアをした。分館を引き払った後も、真備町辻田に仮設の居場所を作り、高齢者と寝泊まりを続けていた。

 この日は、集まった約80人を前に職員たちが決意を述べた。自宅も被災した平野貴美子さん(57)は「ボランティアの方々を見て、自分も頑張らなくてはと思った。一からスタートします」と前を向いた。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文753文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集