特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会もライブ配信します。

特集一覧

悲願へ聖陵

春再び 選手紹介/15止 本永大選手(2年)/小田翔星捕手(1年) /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松山聖陵の本永大選手。打席に入る前は反り返って背中を伸ばすことで気持ちを楽にする=遠藤龍撮影 拡大
松山聖陵の本永大選手。打席に入る前は反り返って背中を伸ばすことで気持ちを楽にする=遠藤龍撮影

 <第91回選抜高校野球大会 センバツ>

コンバート、決意一新 本永大選手(2年)

 ムードメーカーとしてチームを盛り上げる。今までメンバー入りを果たせていないが、「最後まで練習に食らいつき、ベンチに入りたい」と闘志を燃やす。

 同じアパートに住んでいた友達に誘われ、小学4年で野球を始めた。個人の競技ではなく、チームの仲間と勝利を分かち合えるうれしさにいつの間にか魅了された。

 「全国のレベルを体感したい」と沖縄県浦添市から松山聖陵への入学を決意。これまで投手として練習に打ち込んでいたが、先月から一塁にコンバートした。「ポジションが変わっても結果を出して、チームに貢献したい」と決意を新たに日々鍛錬を重ねる。

スタメン入りに意欲 小田翔星捕手(1年)

松山聖陵の小田翔星捕手。良い香りが好きで、柔軟剤にこだわりがある=遠藤龍撮影 拡大
松山聖陵の小田翔星捕手。良い香りが好きで、柔軟剤にこだわりがある=遠藤龍撮影

 負けず嫌いで、何事にも熱くなる性格。「秋の公式戦ではメンバーから外れて悔しい思いをした分、甲子園には出場したい」と意気込む。

 大阪府泉佐野市出身。小学1年から野球を始め、中学までは4番を任されてきた。中学3年の秋、所属していた野球チームの監督に勧められ松山聖陵の練習体験会に参加し、「迫力がある」と感じ入学を決めた。

 女手一つで育ててくれた母が「値段を気にせず選んで良いよ」と言って中学2年時に買ってくれたミットが宝物。「スタメンで活躍している姿を見てほしい」と練習に打ち込む。【いずれも遠藤龍】

関連記事

あわせて読みたい