メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全人代2019

重い負担、中国少子化拍車 結婚・出産、若者に重圧(その1)

 2月の春節(旧正月)が終わり、中国は新学期を迎えた。「じゃあ、またね」。上海中心部に位置する「私立モンテッソーリ幼稚園」。我が子を送り出す父母たちは高級ブランド服を身にまとう。

 学費は年19万2000元(約320万円)。園児約140人の国籍は20カ国。うち6割が中国人で、教員もフランス人など国際色豊か。親の職業は金融、ITなど高所得層が多い。

 「外国籍教員による指導など特色ある教育は経費がかかるので学費は決して高くありません。入園希望者は増えていますよ」。張小倩(ちょうしょうせい)園長はこう説明する。今年中の学費値上げも検討しているという。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです