メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自然環境保全法

改正案 深海に保護区設定へ 第1号小笠原沖

 沖合に生息する深海生物保護のため政府は1日、今国会に提出する自然環境保全法の改正案を閣議決定した。海底の資源開発などを規制する海洋保護区を初めて設定し、鉱物資源の採掘や漁業などを許可制とする海域を設ける。環境省は小笠原諸島(東京都)の沖合を保護区とする方針だ。

 国連の生物多様性条約に基づく2020年までの国際的な「愛知目標」では、各国が管轄する海域の10%を保護区とするよう求めている。日本の領海と排他的経済水域は約447万平方キロと陸域の約12倍あるが…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです