メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファーウェイCFO

米に引き渡しへ 米中、5G攻防激化 ファーウェイ技術握る

 【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】カナダ当局が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への引き渡し手続きに向けた審理入りを発表したことに、中国は反発を強めている。背景にはハイテク覇権をかけた米中の攻防があり、対立はさらに先鋭化しそうだ。

 「単なる司法案件ではなく、中国のハイテク企業に対する政治的迫害だ」。在カナダ中国大使館は、審理入りを受けた声明で、米政権が中国ハイテク企業の「看板」ともいえるファーウェイを狙い撃ちしているとの見方を示した。

 実際、米国によるファーウェイ排除の動きは世界に広がる。ポンペオ米国務長官は2月11日、ハンガリーの…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1117文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです