メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

2.53% 経団連が集計した2018年の大企業の賃上げ率 脱「官製春闘」着地点は

【左】2019年春闘の特徴【右】月給引き上げ額と引き上げ率の推移

 経営側と労働側が賃金水準や労働条件を決める春闘交渉がヤマ場を迎えている。経団連のまとめによると、2018年春闘の大企業の賃上げ率は、前年比0・19ポイント上昇の2・53%と1998年(2・62%)以来、20年ぶりの高水準だった。経団連は、政府が賃上げの音頭を取る「官製春闘」からの脱却を模索しており、19年春闘はどんな水準で決着するのか、注目が集まる。

 安倍晋三首相が経済界に賃上げ要請を始めたのは14年春闘から。賃上げ→消費拡大→企業業績拡大→賃上げ…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1484文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです