メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

2.53% 経団連が集計した2018年の大企業の賃上げ率 脱「官製春闘」着地点は

【左】2019年春闘の特徴【右】月給引き上げ額と引き上げ率の推移

 経営側と労働側が賃金水準や労働条件を決める春闘交渉がヤマ場を迎えている。経団連のまとめによると、2018年春闘の大企業の賃上げ率は、前年比0・19ポイント上昇の2・53%と1998年(2・62%)以来、20年ぶりの高水準だった。経団連は、政府が賃上げの音頭を取る「官製春闘」からの脱却を模索しており、19年春闘はどんな水準で決着するのか、注目が集まる。

 安倍晋三首相が経済界に賃上げ要請を始めたのは14年春闘から。賃上げ→消費拡大→企業業績拡大→賃上げ…

この記事は有料記事です。

残り1257文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです