メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

風化と闘うラジオアナ(その2止) 福島復興の種まく

取材を終え、酒を酌み交わす約束をしながら絆診療所を後にする大和田さん(右)。中央は遠藤院長、左は同診療所管理栄養士の鶴島綾子さん=福島県南相馬市で、喜屋武真之介撮影

 

 ◆覚悟決め現場通い

マイク通し伝え続けた8年間

 1月17日、元ラジオ福島アナウンサーで現在フリーの大和田新(あらた)さん(63)は、ふくしまFM(福島県郡山市)のスタジオにいた。毎月第4日曜に放送している担当番組「伝えるラジオ~福島リアル~」の収録のためだ。

 この日は阪神大震災から24年。冒頭、インターネットでラジオを聴いているという神戸市のリスナーから2年前に届いたメールを紹介した。阪神大震災当時は中学生だったという送り主は、震災で祖父母を亡くし、息が詰まる仮設住宅での生活を送り、父は耐えきれず自ら命を絶ったとつづり、「震災の経験と教訓をいかに受け継いでいくか、神戸だけの問題ではない。福島県の皆さん、1月17日を忘れないでください」と締めくくった。

 大和田さんは、一緒にパーソナリティーを務める福島大4年、上石(あげいし)美咲さん(22)に「あの震…

この記事は有料記事です。

残り4705文字(全文5086文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです