メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「花粉情報」の文字が気になる今日このごろですが、かくいう私も中学生の頃から花粉症に悩まされました。その後地元奈良県から上京し、一時は症状も落ち着いたのですが、2000年から通うようになった福島県浪江町の「DASH村」である日突然再発。理由は一目瞭然、なにせ村には見渡す限りの杉の山。なので春になると毎年クシャミと鼻水が止まらず農作業がなかなか進まないほど。 

 そんな生活が何年続いたのでしょうか、気付けば花粉が飛んでいてもクシャミも出ずに難なく畑を耕している…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです