メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「花粉情報」の文字が気になる今日このごろですが、かくいう私も中学生の頃から花粉症に悩まされました。その後地元奈良県から上京し、一時は症状も落ち着いたのですが、2000年から通うようになった福島県浪江町の「DASH村」である日突然再発。理由は一目瞭然、なにせ村には見渡す限りの杉の山。なので春になると毎年クシャミと鼻水が止まらず農作業がなかなか進まないほど。 

 そんな生活が何年続いたのでしょうか、気付けば花粉が飛んでいてもクシャミも出ずに難なく畑を耕している自分がいたのです。原因はいまだに不明ですが開墾をするうちに村の自然に身も心も鍛えられたというのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです