バスケットボール

Wリーグ プレーオフ決勝 JX、11連覇へ王手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【JX-ENEOS-三菱電機】第2クオーター、シュートを放つJX-ENEOSの宮沢=竹内紀臣撮影
【JX-ENEOS-三菱電機】第2クオーター、シュートを放つJX-ENEOSの宮沢=竹内紀臣撮影

 プレーオフ決勝(3回戦制)は2日、東京・大田区総合体育館で行われ、JX-ENEOS(リーグ1位)が三菱電機(同3位)に91-68で快勝し、史上初となる11連覇に王手をかけた。JX-ENEOSは宮沢や岡本の3点シュートが要所で決まり、渡嘉敷や梅沢の高さを生かしたリバウンドでも優位に立って攻守で圧倒した。第2戦は3日に同会場で行われる。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文725文字)

あわせて読みたい

注目の特集