メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

ワールドシリーズ 混合シンクロ 村上・板橋組3位

混合シンクロ高飛び込み決勝で3位に入った板橋(左)、村上組の4回目の演技=宮間俊樹撮影

 飛び込みのワールドシリーズ第1戦・相模原大会は第2日の2日、相模原市立総合水泳場で行われ、非五輪種目の混合シンクロ高飛び込みで、村上和基(JSS白子)、板橋美波(JSS宝塚)組が325・50点で昨年に続き3位となった。

 女子高飛び込みは18歳の荒井祭里(JSS宝塚)が327・10点で6位だった。男子板飛び込みの坂井丞(ミキハウス)と伊藤洸輝(日大)は予選で敗退した。中国勢が3種目すべてを制した。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです