メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラ競泳

世界選手権代表選考会 山田、標準記録突破

男子50メートル自由形で派遣標準記録を突破した山田=佐々木順一撮影

 障害者による競泳の世界選手権代表選考会を兼ねた春季記録会第1日は2日、静岡県富士水泳場で行われ、男子50メートル自由形(運動機能障害S9)は2016年リオデジャネイロ・パラリンピック銅メダルの山田拓朗(NTTドコモ)が26秒43をマークし、派遣標準記録を突破した。

 リオ大会で4個のメダルを獲得した木村敬一(東京ガス)は200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)と、50メートル自由形(同S11)の2種目で派遣標準記録を破った。

 女子50メートル自由形(視覚障害S13)は辻内彩野(OSSO南砂)が27秒92の日本新記録を樹立し…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです