メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

名人戦順位戦A級 豊島、名人へ挑戦権 精神面で大きな成長 なるか関西22年ぶり

久保利明九段を降し、名人への初挑戦を決めた豊島将之王位=静岡市葵区の「浮月楼」で2019年3月2日午前0時56分、玉城達郎撮影

 静岡市の浮月楼で指された第77期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)は2日未明、最終9回戦の全5局が終了し、豊島将之王位(28)が、佐藤天彦(あまひこ)名人(31)への挑戦権を獲得した。前期プレーオフで敗退した悔しさを糧に、戦術面だけではなく精神面でも大きな成長を見せた豊島は「奨励会の時から戦ってきた相手と名人戦の舞台で指せるのは感慨深く、うれしい。準備して臨みたい」と抱負を語った。

 今期の順位戦で豊島は6連勝を飾り単独トップに立ったが、7回戦で敗れ、1敗で3人が並ぶ混戦に。

この記事は有料記事です。

残り917文字(全文1163文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行方不明 拉致と思われた女性国内で発見 1980年失踪 /新潟
  2. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  3. 集団左遷!! 第5話視聴率は9.0% “追い風”にのった福山雅治に酒向芳“宿利”が立ちはだかる
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです