メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
福岡・那珂八幡古墳

全長86メートル 前方後円墳、北部九州最初のモデル

 <日曜カルチャー>

 九州では最古の前方後円墳とも言われる那珂八幡古墳(福岡市博多区、古墳時代初頭・3世紀中ごろ)で、福岡市の発掘調査により前方部の端が確認され、全長86メートルと判明した。同古墳の後円部・前方部の比率と同じ前方後円墳が北部九州に複数あることから、同古墳を基本にした可能性があるという。前方後円墳の普及の過程を知る上で貴重な成果となりそうだ。

 同古墳は後円部の丘陵が残存しており、これまでの調査で直径52メートルと判明。前方部は既に削られてい…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1032文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 履正社が令和初の夏制す 強力打線が星稜・奥川から5点奪う 甲子園初優勝

  5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです