メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・那珂八幡古墳

全長86メートル 前方後円墳、北部九州最初のモデル

 <日曜カルチャー>

 九州では最古の前方後円墳とも言われる那珂八幡古墳(福岡市博多区、古墳時代初頭・3世紀中ごろ)で、福岡市の発掘調査により前方部の端が確認され、全長86メートルと判明した。同古墳の後円部・前方部の比率と同じ前方後円墳が北部九州に複数あることから、同古墳を基本にした可能性があるという。前方後円墳の普及の過程を知る上で貴重な成果となりそうだ。

 同古墳は後円部の丘陵が残存しており、これまでの調査で直径52メートルと判明。前方部は既に削られてい…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです