メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本人トップの中大・堀尾、学生初のMGC出場権 女子は一山が7位 東京マラソン

 2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC、9月15日)」の出場権を懸けた東京マラソンは3日、東京都庁から東京駅前までの42.195キロで行われ、男子はビルハヌ・レゲセ(エチオピア)が2時間4分48秒で初優勝した。2位のビダン・カロキ(横浜DeNA)に2分の大差をつけ、日本国内のレースでは17年の東京マラソンでウィルソン・キプサング(ケニア)が出した2時間3分58秒に次ぐ好記録だった。

 マラソン初挑戦の堀尾謙介(中大)が2時間10分21秒で日本勢トップの5位に入り、学生で初のMGC出場権を獲得。2時間10分30秒で6位の今井正人(トヨタ自動車九州)、2時間10分35秒で7位の藤川拓也(中国電力)、2時間11分5秒で8位の神野大地(セルソース)も条件を満たし、これで男子は計28人がMGCへの出場権を手にした。中村匠吾(富士通)は15位、佐藤悠基(日清食品グループ)は16位。昨年1…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです