メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

待望のオフロード仕立てがいよいよ登場! ボルボ・V60クロスカントリー受注開始

情報提供:カートップ

待望のオフロード仕立てがいよいよ登場! ボルボ・V60クロスカントリー受注開始

先進安全・運転支援装備はもちろん標準装備!

 ボルボ・カー・ジャパンは、V60をベースにした「V60クロスカントリー」の受注を開始した。ベースモデルに対し、最低地上高を65mmアップさせた210mmに設定。クロスカントリー専用のサスペンションを採用したことで、見た目だけではない高い悪路走破性を与えている。

V60

 エクステリアデザインは、クロスカントリー専用となる、オフロード車の雰囲気を兼ね備えたディーテルとなっている。

 グレード構成は、従来のモメンタムに相当する「クロスカントリー」と、上級モデル・サマムに相当する「クロスカントリー・プロ」の2グレード展開。また、新型V60シリーズにおいて、ガソリンモデル初のAWD車となる。

V60

 もちろんV60クロスカントリーも、ほかの新世代ボルボ車と同様に対向車対応機能を備えた歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・被害軽減ブレーキ・システムをhじめ、各種先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を備えている。パワートレインはどちらのグレードも2リッター直4ガソリンターボエンジンで、254馬力/350N・mを誇る。

メーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。なお、発売は2019年4月を予定している。
V60クロスカントリー T5 AWD    549万円
V60クロスカントリー T5 AWD Pro  649万円

※写真はすべて欧州仕様車


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです