メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

待望のオフロード仕立てがいよいよ登場! ボルボ・V60クロスカントリー受注開始

情報提供:カートップ

待望のオフロード仕立てがいよいよ登場! ボルボ・V60クロスカントリー受注開始

先進安全・運転支援装備はもちろん標準装備!

 ボルボ・カー・ジャパンは、V60をベースにした「V60クロスカントリー」の受注を開始した。ベースモデルに対し、最低地上高を65mmアップさせた210mmに設定。クロスカントリー専用のサスペンションを採用したことで、見た目だけではない高い悪路走破性を与えている。

V60

 エクステリアデザインは、クロスカントリー専用となる、オフロード車の雰囲気を兼ね備えたディーテルとなっている。

 グレード構成は、従来のモメンタムに相当する「クロスカントリー」と、上級モデル・サマムに相当する「クロスカントリー・プロ」の2グレード展開。また、新型V60シリーズにおいて、ガソリンモデル初のAWD車となる。

V60

 もちろんV60クロスカントリーも、ほかの新世代ボルボ車と同様に対向車対応機能を備えた歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・被害軽減ブレーキ・システムをhじめ、各種先進安全・運転支援機能「インテリセーフ」を備えている。パワートレインはどちらのグレードも2リッター直4ガソリンターボエンジンで、254馬力/350N・mを誇る。

メーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。なお、発売は2019年4月を予定している。
V60クロスカントリー T5 AWD    549万円
V60クロスカントリー T5 AWD Pro  649万円

※写真はすべて欧州仕様車


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです