メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外イチロー、第一線退く意向 球団に伝える
特集ワイド

「浦安魚市場」今月末閉鎖 魚食文化を考えてみた 対面販売の良さ理解されず

浦安魚市場の店先に並べられたハマグリやカキなど=千葉県浦安市で、石塚孝志撮影

 東京・築地市場から移転し、昨秋に開場した豊洲市場が新たな「日本の台所」としてにぎわいを見せている。その陰で、地元に愛された千葉県浦安市の「浦安魚市場」が今月末、約65年の歴史を閉じる。市場の人たちの話に耳を傾けながら、魚食文化を考えた。【石塚孝志】

 「今日は何にしますか?」「このアジ、皮を引いて三枚に下ろしてくれる」

 威勢のいい声で買い物客とやり取りするのは、浦安魚市場の鮮魚店「金又(きんまた)商店」の長野睦子さん…

この記事は有料記事です。

残り2585文字(全文2795文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです