メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「浦安魚市場」今月末閉鎖 魚食文化を考えてみた 対面販売の良さ理解されず

浦安魚市場の店先に並べられたハマグリやカキなど=千葉県浦安市で、石塚孝志撮影

 東京・築地市場から移転し、昨秋に開場した豊洲市場が新たな「日本の台所」としてにぎわいを見せている。その陰で、地元に愛された千葉県浦安市の「浦安魚市場」が今月末、約65年の歴史を閉じる。市場の人たちの話に耳を傾けながら、魚食文化を考えた。【石塚孝志】

 「今日は何にしますか?」「このアジ、皮を引いて三枚に下ろしてくれる」

 威勢のいい声で買い物客とやり取りするのは、浦安魚市場の鮮魚店「金又(きんまた)商店」の長野睦子さん…

この記事は有料記事です。

残り2585文字(全文2795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 被災後初の週末、ボランティアは予想以下 大雨で途中撤退も 長野市

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです