メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

作家・高樹のぶ子さん講演 日本の美は四季の成衰に 『ほとほと 歳時記ものがたり』刊行記念

講演会で季節と美意識の関係について語る高樹のぶ子さん=東京都中央区で、根岸基弘撮影

 作家の高樹のぶ子さんが新刊『ほとほと 歳時記ものがたり』(毎日新聞出版)の発売と、昨年文化功労者に選ばれたことを記念して2月、東京・八重洲ブックセンターで「季節と日本人」と題した講演会を開いた。高樹さんは「日本の美の根底には、四季が巡る感覚がある」と語った。また「『人間の美しさを書いていきたい』と思い、作家人生を送ってきた」とキャリアを振り返った。

 『ほとほと』は、「翡翠(ひすい)」「紫陽花(あじさい)」などの季語をタイトルにして紡いだ24作の連…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文888文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです