メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

アカデミー賞を振り返る スパイク・リーへの喝采、象徴 トランプ時代反発、多様な候補躍進

授賞式の舞台で抱き合うスパイク・リー監督(左端)とサミュエル・L・ジャクソン=Kate Noelle / (C)A.M.P.A.S.

 「事件」は起きるのか--。第91回アカデミー賞は、動画配信大手「ネットフリックス」が製作したメキシコのアルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA/ローマ」が、配信系として初の作品賞を取るかが注目された。結果は白人運転手と黒人ピアニストが旅をする「グリーンブック」(ピーター・ファレリー監督)が受賞。「大転換」とまではいかなかったが、多様な候補の躍進も目立った。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1226文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです