メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライブ

アル・マッケイ・オールスターズ あふれる同時代的エネルギー=評・川崎浩

Masanori Naruse撮影

 昨年来、ディスコ音楽が話題に上ることが多い。伝説のディスコ映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の日本公開が1978年だったので、昨年の40周年を祝おうとレコード会社やライブハウスが盛り上げようとしたのが一つの要因だが、大人が楽しく聴け、遊べる音楽が、ほとんど消滅しているのが一番の理由ではないか。誰もがクラシックやジャズをたしなむ大人になるわけではないのだ。若者が集う「クラブ」に出かけるのは気が重いし、そもそもヒップホップ中心の音楽が縁遠い。さらにスタート時間が遅い。“健全な大人の夜遊び音楽”としてディスコミュージックが求められるのは、時代の必然と言えるのではないか。

 そんなディスコ音楽の代表が、70年代半ばに最も活躍したファンクグループ「アース・ウィンド・アンド・…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文780文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです