メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライブ

MISIA 生舞台での力感と濃密さ=評・川崎浩

=ソニー、アリオラジャパン提供

 昨年末、TBS系「輝く! 日本レコード大賞」、NHK「紅白歌合戦」と、立て続けに注目度の高い番組に出演し、一気にその歌唱力を茶の間に印象付けたMISIA。ファン以外にも、その強烈な歌声を知らしめられたのは結構なことだったが、だからこそ「生」が聴きたくなる。

 MISIAは、1998年デビューし、「Everything」「逢いたくていま」や昨年の「アイノカタチ」などのヒットで知られる、もはや中堅。だが、芸能的情報は少なく、アフリカの子供たちへの教育支援や生物多様性に関する活動など少々の情報は聞こえても、それは補完情報に過ぎない。やはり、歌手はコンサートでこそ人柄が表れるものだ。

 20周年を記念した「星空のライヴ X(テン)」。紅白でも歌ったNHKホールはほぼ完全に埋まっている…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文792文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「そう感じさせたのは自分がだめ」 吉本社長、圧力発言事実上認める
  4. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです