メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界選手権 高木美2位、連覇逃す

 【カルガリー共同】スピードスケートの世界選手権最終日は3日、カルガリーで行われ、24歳の高木美帆(日体大助手)は4種目の総合で2位となり2連覇を逃した。

 第1日に500メートルで1位となり、3000メートルとの2種目で総合首位に立った高木美は最終日も1500メートルで1分52秒08の1位。しかし最終の5000メートルは7分2秒72の8位で、6分42秒01で自らの世界記録を更新したマルティナ・サブリコバ(チェコ)に逆転された。

 高木菜那(日本電産サンキョー)は総合11位、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は13位。ともに8人に絞られ…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです