メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

両陛下が京都・奈良訪問へ 茶会主催、神武天皇陵に退位報告も

天皇陛下の在位30年を祝う政府主催の記念式典を終え、出席者からの拍手を受けながら会場を後にされる天皇、皇后両陛下=東京都千代田区の国立劇場で2019年2月24日、代表撮影

 宮内庁は4日、天皇、皇后両陛下が25~28日に京都府と奈良県を訪問されると発表した。天皇陛下の即位30年を記念し、両陛下が主催する茶会を25日に京都御所(京都市上京区)で開く。26日には神武天皇陵(同県橿原市)を訪れ、退位の報告を行う。

 宮内庁によると、茶会には関西2府4県の自治体関係者や各界の代表者約250人が招かれ、両陛下と懇談する。27日には、関西の出先機関に勤務する宮内庁職員が主催する茶会にも出席し、職員から祝賀を受ける。

 天皇陛下の退位に関する儀式は12日から始まり、4月30日の「退位礼正殿の儀」まで約1カ月半続く。天皇の退位は憲政史上初めてで、…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo延期「全く考えず」 菅長官「感染防止と経済活動の両立が大事」

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです