メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンド垂れ幕「女性蔑視」の批判相次ぎ撤去 熊本の世界大会

批判を受けて撤去された垂れ幕のデザイン=熊本国際スポーツ大会推進事務局提供

 11月に熊本県で開幕する女子ハンドボール世界選手権を巡り、熊本県や熊本市などでつくる「熊本国際スポーツ大会推進事務局」は4日、大会キャッチコピーの一部が「配慮に欠けていた」として熊本市役所前の街灯に掲げていた垂れ幕を撤去したと明らかにした。

 撤去したのは、キャッチコピー33枚のうち「手クニシャン、そろってます」「ハードプレイがお好き…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです