メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

亡き子をしのぶ天使 大切な思い込め 岩手・陸前高田

戸羽究さん(右)と妹の杏さんの写真に添えられた天使の人形が、市民会館のタイルが入った袋を抱いていた=岩手県陸前高田市で2019年2月19日、小川昌宏撮影

 写真立ての縁に付けられた天使の人形。祈るように目を閉じ、東日本大震災で多くの人が犠牲となった岩手県陸前高田市の市民会館のタイルが入った袋を抱いていた。

 同市の戸羽初枝さん(57)は、市の職員だった長男究(きわむ)さん(当時24歳)と非常勤職員だった長女杏(あんず)さん(同23歳)を亡くした。2人と…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです