メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

「デジタル毎日 春得キャンペーン」 デジタル紙面が読めるプレミアムプランを半額で提供(2019/03/04)

 株式会社毎日新聞社(東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)の電子新聞サービス「デジタル毎日」( https://mainichi.jp/ ) は、4日からデジタル紙面の閲読などすべてのサービスが使える「プレミアムプラン」を、通常料金の半額となる1600円(税別)で利用できるキャンペーンを開始しました。

     デジタル毎日「プレミアムプラン」は、有料の紙面掲載記事はもちろん、ニュースサイトだけで展開している「政治」「経済」「医療」のプレミアサイトや米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルのコンテンツも読むことができます。また、新聞イメージそのままでPC、スマホで閲覧できる「デジタル紙面」、過去5年分の紙面記事が収録された「記事データベース」、温泉やグルメなどの優待メニューが利用できる「トクトクプレミア」――などデジタル毎日が提供するすべてのサービスが利用できます。

     お手軽にデジタル紙面を試したい方や、慣れ親しんだ新聞紙面のスタイルをそのまま読み続けたい方、画面を拡大して読みやすい文字で紙面を読みたい方、外出先で効率的に新聞を読みたい方など、用途に合わせ、さまざまなシーンでご利用いただけます。

     今回のキャンペーンは月額料金が通常3200円(税別)のところ、半額の1600円(税別)で購読いただけます。どうぞこの機会にデジタル毎日をお試しください。

    【デジタル毎日 春得キャンペーン 概要】

    開催期間:2019年3月4日(月)10時 ~ 2019年5月31日(金)18時

    対象者:上記期間中にプレミアムプランを初めてご購読の方

    割引内容:デジタル毎日プレミアムプランの料金が1カ月1,600円(税別)

    ※初回無料、2カ月目:1,600円、3カ月目以降:通常料金 3,200円(税別)

    キャンペーンURL

    https://mainichi.jp/pr/digital/harutoku2019

    ■本件に関するお問い合わせ

    毎日新聞社デジタルメディア局

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

    3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

    4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

    5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです