メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

何もしないと事故のリスクも高まる! 誰でもできるクルマの花粉対策とは

情報提供:カートップ

何もしないと事故のリスクも高まる! 誰でもできるクルマの花粉対策とは

まずは車内に持ち込まないようにする

 今年は暖冬だったからか、スタートが早い気がする花粉症。かくいうワタクシも重度の花粉症で、毎年苦しめられている。薬もよくなったので以前よりはマシだが、それでも痒くはなるし、ムズムズはする。

 クルマに乗ると顕著な場合もあるが、よく考えたら当たり前。走る密室となれば花粉がどんどんと侵入してくるのだが、指をくわえて、目をこすりながら放置するわけにもいかない。重度患者ならではの対策をまとめてみた。

花粉症

 まずはいかに車内に花粉を持ち込まないかが重要で、着るものに配慮。セーターなどは生地に花粉が入り込みやすいので避け、ツルツルした化繊がベスト。アウトドア系のアウターであればかなり防御できる。さらに乗り込むときは、全身に付いた花粉を手で払ってからにしよう。これは家に入るときと同じではある。

花粉症

 クルマの場合、エアコンをどうするかがかなり重要だ。外気導入にするか、内気循環にするかなのだが、以前は外からの侵入を防ぐために内気循環がベストとされてきたが、最近のクルマはどちらでもいい場合が多くなってきた。

花粉症

  

 理由はエアコンフィルターが高性能になっているからで、花粉やPM2.5、黄砂を除去できるのをウリにしているフィルターが付いていればOKだ。純正で付いていないクルマもあるが、社外のフィルターのなかには同様の高い除去力をもったものが売られているので、それに交換するといいだろう。そもそもエアコンフィルターの点検はシーズン前には必須メンテして行なっておきたい。

花粉症

 気になる大きさだが、花粉は意外に大きくて髪の毛の半分ぐらい。黄砂はそのさらに1/10で、PM2.5ともなると、1/400にもなるから、もしかしたら花粉は手強くないかも(手強いけど)。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです