メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

組踊と琉球舞踊公演 人間国宝から若手まで

嘉数道彦さん=小玉祥子撮影

 沖縄の伝統芸能に焦点をあてた公演「組踊と琉球舞踊」が、9日午後1時、東京・国立劇場大劇場で催される。「天皇陛下御在位三十年、組踊上演三百周年、国立劇場おきなわ開場十五周年」を記念し、人間国宝から期待の若手までが顔をそろえる。同大劇場での組踊、琉球舞踊の単独公演は初めてだ。

 1部が組踊「辺戸の大主」(宮城能鳳構成振り付け・監修)。2005年に復活上演された作品の東京初演。辺戸の大主の120歳を子供や孫たちが祝う。

 「『女踊り』『若衆踊り』『二才踊り』などの祝儀舞踊が次から次へと披露されるので、お祝いにふさわしい…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文661文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです