連載

Interview

映像や舞台、音楽、文学などで活躍する人に作品への思いをインタビュー。新たな一面がのぞくかも。

連載一覧

Interview

平岩紙 銃の恐怖舞台だけに 岩松作品で反政府軍首領の妹役

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平岩紙さん=山下浩一撮影
平岩紙さん=山下浩一撮影

 9日に初日を迎える岩松了の新作「空ばかり見ていた」に、森田剛演じる主人公の恋人で反政府軍の首領の妹、リン役で出演する。「岩松さんとは11年ぶり。またあの美しいせりふを話すことができるのは、ぜいたくな時間です」とほほえむ。

 物語の舞台は、廃校を利用したとみられる反政府軍のアジト。リンは前線に出たいと、兄の吉田(村上淳)に訴えるが、説得を受ける。そんなある日、リンが暴漢に襲われ、隣国に派遣されていた恋人の多岐川秋生(森田)が戻ってくる。

 リンについて「恋人に追いつきたい、対等でいたいと、いろいろなことに手を出すけれど、うまくいかなくて苦しみ、戦っている女性ですね」と語る。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文981文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集