メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

平岩紙 銃の恐怖舞台だけに 岩松作品で反政府軍首領の妹役

平岩紙さん=山下浩一撮影

 9日に初日を迎える岩松了の新作「空ばかり見ていた」に、森田剛演じる主人公の恋人で反政府軍の首領の妹、リン役で出演する。「岩松さんとは11年ぶり。またあの美しいせりふを話すことができるのは、ぜいたくな時間です」とほほえむ。

 物語の舞台は、廃校を利用したとみられる反政府軍のアジト。リンは前線に出たいと、兄の吉田(村上淳)に訴えるが、説得を受ける。そんなある日、リンが暴漢に襲われ、隣国に派遣されていた恋人の多岐川秋生(森田)が戻ってくる。

 リンについて「恋人に追いつきたい、対等でいたいと、いろいろなことに手を出すけれど、うまくいかなくて苦しみ、戦っている女性ですね」と語る。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです