IHI

航空エンジン無資格検査 受託整備事業で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 IHIは5日、民間航空会社から受託するジェットエンジンの整備事業を巡り、数年間にわたり必要な資格を持たない従業員が検査をしていたことを明らかにした。国土交通省の1月の立ち入り検査で発覚。同省は不正内容を精査したうえで、処分することを検討している。

 航空法によると、航空エンジンの整備事業者は、整備方法を定めたうえで国交省の認定を受ける必要があり、検査や修理など各工程の担当者に必要な社内資格も規定されているが、IHIは一部の工程で無資格の従業員に検査…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

あわせて読みたい

注目の特集