メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビーチバレー

砂浜の甲子園、資金難で開催ピンチ 大阪・阪南市で開催、男子高校生唯一の全国大会

存続が危ぶまれている「全日本ビーチバレーボールジュニア男子選手権大会」。多くの高校生が熱戦を繰り広げている=大阪府阪南市提供

 大阪府阪南市で2002年から続く「全日本ビーチバレーボールジュニア男子選手権大会」が、資金難のため、来年以降の存続が危ぶまれている。男子高校生の日本一を決める唯一の全国大会で、「砂浜の甲子園」として親しまれる。「未来の五輪候補を育てる大会の灯を消したくない」。運営に関わる同市はふるさと納税を活用して資金を集めるが、苦戦が続いている。

 日本バレーボール協会が阪南市とともに毎年8月、日本の「夕陽(ゆうひ)百選」にも選ばれた市内の箱作海…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです