メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第12講 灘の酒 きりり骨太、六甲マジック

いただいた灘の酒。いずれも濱田屋の店内で飲める=神戸市東灘区の濱田屋で、松井宏員撮影

 この連載はほとんどの回で、料理と一緒に日本酒をいただいています。日本列島の食材を語るには、日本酒は欠かせないからです。ついに今回は灘の酒をメインに、地質との関わりを探求します。

 兵庫県西宮市から神戸市灘区にかけての灘五郷(西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷)には26の蔵があり、日本最大の生産量を誇る。せっかくだから現地で味わわねば話にならない。マグマ学者の巽好幸先生、日本料理の大引伸昭先生とお邪魔したのは、灘の酒ぞろえで飲んべえをうならせる魚崎の酒屋「濱田屋」さん。テーブル席があって、あてと共に飲めるのが人気だ。

 ご主人の濱田栄司さんお薦めのお酒をいただきながら、話を伺おうという寸法。早速、1杯目を。「壱」純米…

この記事は有料記事です。

残り2520文字(全文2831文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告、接見に「一人で裁判受けたい」 遺族調書は「悪口ベース」 相模原殺傷

  2. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです