メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第12講 灘の酒 きりり骨太、六甲マジック

いただいた灘の酒。いずれも濱田屋の店内で飲める=神戸市東灘区の濱田屋で、松井宏員撮影

 この連載はほとんどの回で、料理と一緒に日本酒をいただいています。日本列島の食材を語るには、日本酒は欠かせないからです。ついに今回は灘の酒をメインに、地質との関わりを探求します。

 兵庫県西宮市から神戸市灘区にかけての灘五郷(西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷)には26の蔵があり、日本最大の生産量を誇る。せっかくだから現地で味わわねば話にならない。マグマ学者の巽好幸先生、日本料理の大引伸昭先生とお邪魔したのは、灘の酒ぞろえで飲んべえをうならせる魚崎の酒屋「濱田屋」さん。テーブル席があって、あてと共に飲めるのが人気だ。

 ご主人の濱田栄司さんお薦めのお酒をいただきながら、話を伺おうという寸法。早速、1杯目を。「壱」純米…

この記事は有料記事です。

残り2520文字(全文2831文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  4. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  5. 詐欺 岐阜大発注装い、温水便座を詐取 容疑の職員再逮捕 /岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです