メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保釈

 起訴後に勾留されている被告を釈放する手続き。被告本人や弁護人らが請求し、裁判所が検察官の意見を聞いた上で可否を判断する。認められた場合、犯罪の性質や保有する資産を考慮して額が決まる保釈保証金を納付しなければならない。裁判終了後に返還されるが、出廷しないときなどは全部または一部が没収される。その…

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文220文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. みのひだフォーカス 食品サンプルの街 郡上の象徴 「ゴジラフライ」作者、誰? 上田酒店店主「お会いしたい」 /岐阜

  3. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 江川紹子さんのまとめ 「合意のない性交は処罰」に潜む危うさ 被害者のため何をすべきか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです