メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

大槌町職員が不適切発言 死亡状況調査巡り遺族に /岩手

 東日本大震災で犠牲になった町職員遺族に約束した死亡状況調査を巡り、大槌町の平野公三町長は4日、町職員から遺族に不適切発言があったことを明らかにした。町文化交流センター・おっしゃっちの北田竹美館長に対し、「配慮に欠ける発言。十分注意するように」と口頭で指導した。

 北田館長によると、先月25日夜、町が今年5月末発刊予定の「町震災記録誌」に犠牲者の実名を掲載するため、了解を得ようと町職員遺族の小笠原人志さん(66)=釜石市鵜住居町=と面談した。

 小笠原さんによると、北田館長は「なぜ震災8年の今になって行動を起こしたのか。何をしたら納得できるの…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです