メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

闘いの歴史を知る 仙台の学習会に100人 /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた当事者を支援する市民団体「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」は2日、仙台市青葉区花京院1の市シルバーセンターで学習会「『優生政策』とたたかってきた人たち~歴史とこれから~」を開いた。

 約100人が参加。旧法廃止後の97年から強制不妊手術の問題を訴えてきた「優生手術に対する謝罪を求める会」のメンバー、米津知子さん(70)が旧法をめぐる当事者運動の歴史を振り返った。

 20代で女性運動にかかわり、自身もポリオの後遺症で障害がある米津さん。70~80年代に貧困を理由とした中絶を認める「経済的理由」を削除し障害のある胎児の中絶を可能とする「胎児条項」を新設する旧法の改定案に、女性団体と障害者団体が連携し反対運動を展開してきた経緯を説明した。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前回4強すべて初戦敗退 ヤマハ投手陣、日立製作所封じる 都市対抗野球

  2. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  3. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです