メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

闘いの歴史を知る 仙台の学習会に100人 /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた当事者を支援する市民団体「優生手術被害者とともに歩むみやぎの会」は2日、仙台市青葉区花京院1の市シルバーセンターで学習会「『優生政策』とたたかってきた人たち~歴史とこれから~」を開いた。

 約100人が参加。旧法廃止後の97年から強制不妊手術の問題を訴えてきた「優生手術に対する謝罪を求める会」のメンバー、米津知子さん(70)が旧法をめぐる当事者運動の歴史を振り返った。

 20代で女性運動にかかわり、自身もポリオの後遺症で障害がある米津さん。70~80年代に貧困を理由と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです