メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実証実験

医療体制の充実へ、緊急搬送に5G技術を 救急車、ドクターカー、搬送先が患者情報共有 前橋で全国初 /群馬

 インターネットで高速大容量の通信が可能になる次世代通信規格の第5世代(5G)。この技術を救急搬送で利用するための全国初の実証実験が2月15日に前橋市役所で開かれた。救急搬送中の患者の映像や心電図・血圧などのデータを、救急車の救急隊員、ドクターカーの医師、搬送先の病院の3者がリアルタイムで共有した。参加した医師は「画像が鮮明で、搬送中も目の前に患者がいるように感じた。救急隊から引き継いですぐに的確な治療にかかれる」と話した。【鈴木敦子】

 実験は5G技術の開発や運用に取り組むNTTドコモ(東京都)などとの共催。「50代の男性が車にはねら…

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1607文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです