メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選/上 自民、知事選にらみつつ /埼玉

 開会中の県議会で行われた先月25日の代表質問。最大会派・自民の小島信昭団長は、上田清司知事が自ら提案した「多選自粛条例」に反して4期目を続けていることを皮肉を交えて追及した。議員の質問に首長が答える。議会では当たり前の光景だが、ここ数年、上田知事が答弁する機会は大きく減っている。県議会の過半数を占める自民が「知事の発言封鎖」ともいえる異例の戦術を続け、対立を深めているためだ。

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子夫妻引退 厳しい条件「自由の代償」英メディア分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです