メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

県議選 出馬99人が準備 定数減で富士、焼津激戦か/浜松市議選 64人が予定 /静岡

 統一地方選前半戦の県議選告示(29日)まで、1カ月を切った。毎日新聞の4日現在の集計では、全33選挙区(定数68)で計99人が立候補の準備を進めている。現時点で無投票が見込まれるのは前回2015年選挙より一つ多い10選挙区。最大会派の自民改革会議が勢力拡大を図る一方、議席がない立憲民主党が公認候補6人の擁立を決めており、野党系の票が割れる選挙区も出てきそうだ。投開票日は4月7日。【島田信幸、奥山智己】

 立候補予定者が定数以下なのは、下田・賀茂(定数1)▽熱海(同1)▽伊豆(同1)▽裾野(同1)▽御前…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1116文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです